バーについて

バーについて

バーという場所があります。
これは一言でいうと酒場です。
それは、バー(飲酒場)です。
「バー」と呼ばれている看板が日本で上がるとき、私はカクテルの上で主に出発するために店をしばしば指さします。そして、酒がカウンターでウィスキーと水を含みます。
こういった場所でカクテルを味わいます。
特にカップ1杯のガラスが提供するタイプのバーは、予告ホームラン・バー(またはショット)です。
メイド・バーとガールズバー、また、ボイズ・バーとシングルス・バーは形のためにショットバーに含まれます。
そのうえ、バー調子にあります。
しかし、それはカクテルでありません。
そして、異なるアルコール飲料の上で主に提供する店があります。
例は焼酎バーを提供しているビール・バーを含みます。
そして、ビールが焼酎を提供します。
まったく他のアルコール飲料を置かない店と他のアルコール飲料をこれらの店に置いた店があります。
プール・バーにとって可能であるダーツ・バーで酒だけでなく競争も楽しむ目的で、それが使われます。
矢はそれですゴルフ・バー(ビリヤード)スクリーン・ゴルフが可能であることがあり得ます。
そのうえ、大画面テレビのようなゲームを観戦しているスポーツを中継している装置を組み立てているスポーツバーと呼ばれている景気があります。
そして、鉄道のテーマを特徴とした鉄道バー(またはカフェ)またはラジオ制御バーがあります。
そのうえ、飲食物酸素バーを提供しない機関が存在します。
しかし、アルコール類のために代用で「提供する機関」の意味で「バー」の語を使用したこと考えられます。

copyright(C)カクテル案内所